ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 /朗読講師/ 元日本航空国際線客室乗務員 / (一社)日本朗読検定協会企画部部長・同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読イベントのプロデュースも手掛ける。小学校の講師、朗読コンテストの審査員、アイドルユニット「さくら学院」の公開授業「朗読の授業」の講師、ベネッセの講師など、幅広く活動しており、朗読や読み聞かせの普及に力を入れている。安徳天皇を祀る「赤間神宮」で「耳なし芳一」を朗読。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2015年7月4日土曜日

千葉そごう 三省堂「大人の朗読会~吉野弘」7月3日 祝婚歌で盛り上がりました!




昨日は大雨でしたね。

私は足が濡れるのが嫌いなので、

いつもレインブーツを履いて出かけます!

千葉駅まで、雨の影響やら人身事故やらで

電車が遅れ、雨漏りで水が溜まった千葉駅を走ることに●~*

本当にレインブーツで良かったな~と!(^^)!



朗読会は「吉野弘さんの詩集」を読みました。

昨年、お亡くなりになられてから、

またあらためて、その良さが見直されていますね。

普通に生活していると見落としてしまうことに、

吉野さんは目をむけ、感じる心を持ち、

飾らず、わかり易い言葉で表現していらっしゃいます!

有名な「祝婚歌」「夕焼け」「I was born」「虹の橋」以外にも、

この詩集には心に残る詩がたくさんありすぎて

どれを読もうか、とても迷いました。

長女へ向けての「奈々子へ」、浜田省吾も影響を受けた「雪の日に」、

風刺のきいた「好餌」、ユーモアのある「夕方かけて」・・・

とてもとても書ききれません!

その中でも、

三井三池炭鉱の爆発事故で神経機能障害になった方の詩

「豊かに」の最後の一節、

「受けそこねた運命みたいなボールを笑顔で追いかけている」

は、ジーンときました。



最後に、どの詩がお好きか皆さんに伺ったところ、

とても盛り上がりました~

「祝婚歌」に思い出がある方がお二人も・・・

そして、もうすぐ息子の結婚式だから朗読しようかしら、

という方も!

次回、10月2日は、今、話題の

篠田桃紅さんの「103歳になってわかったこと」

を読むことになりました。

お楽しみに♡







いつもお読み頂きありがとうございます。
下記の朗読タグをポチッと押して今後共応援よろしくお願い致します(*^_^*)
         にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ