ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 / 元日本航空国際線客室乗務員 / ( 一社)日本朗読検定協会企画部部長/同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読家・朗読講師のほか、朗読イベントのプロデュースや読み聞かせボランティア、小学校の講師など幅広く活動している。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2014年10月19日日曜日

飯干大嵩君 NPO日本朗読文化協会「第7回 朗読コンクール」学生の部 優勝 おめでとう\(^o^)/




        【赤坂区民センター】



10月19日(日)夕方、飯干君からお電話がありました!!

NPO日本朗読文化協会の朗読コンクール 学生の部で「優勝」とのこと、「わー、わー、おめでとうヽ(^。^)ノ」と思わず言ってしまいました!

実は、今日の午前中、飯干君が出場するのでコンクールを観に行ってきました!

皆さん素晴らしい朗読で、「高校生や大学生の朗読はこんなにも素晴らしいんだ」とつくづく思いました!

以下、飯干君からの生の報告でーす!・・・・・・・・


「今日、NPO日本朗読文化協会の第七回朗読コンクールがあって、私、飯干大嵩が、学生の部で優勝しました。

おめでとう。ありがとう。thank-you。謝謝。

学生の部は今年から復活?したみたいで、10名本選選出のところを70名近く応募があったそうです。

僕の他には高校生と大学生が半々ぐらいで、ほとんど女子でした。

放送部で活動している/していた人もいて、読み方のなかに放送部の読みがちらほら聞こえ、放送部の先輩として懐かしい気がしました(ちなみに僕が最年長でした)。

やっぱり放送部の読みっていいですな。

そんななかで僕は大学一年の時に読んだ「虔十公園林」を読みました。

東北弁の台詞は長岡輝子さんの宮沢賢治朗読CDを聴いて、東北弁で喋りました(なってたかどうかは分かりません)。

杉並木に子供たちが集まるところから、虔十と平二の会話(喧嘩?)の下りまでを読みました。

今まで誰にも反抗してこなかった虔十が一生に一度の、人に逆らう言葉を口にするシーンで、「切らなぃ」の一言から、虔十の人生や生き方が見えてくる場面です。

僕はこの作品を、大学一年の時(三年以上前かな)に読みました。東京に来てからたぶん、一番最初に真剣に取り組んだ作品です。

そのときのことを思い出しつつ、虔十の人生の一端が伝わるように──自分に伝わるように──読んだつもりです。

優勝をいただきましたが、僕以外にも大学生にして吉川英治の歴史物を朗読した人や、高校生にして雪女を臨場感たっぷりに読んだ人もいて(いずれも女子です!)、どの読みも冗談抜きでよかったです。

優勝をいただいてすごく嬉しいけれど、何か、お前ちゃんとやれよ、もうお前これでテキトーになんか朗読できねーぞ、と言われている気がします。

正直。思い上がりかわかんないけど。とにかく。。。

でもとりあえず今日は、ささやかな喜びを味わいながら、録画した笑点を観て、ぐっすり寝ます。木久扇師匠が復活するから楽しみ。。。

今日は、本当に実力のある方ばかりでした。」・・・・・・・・・・・・・・



「今日は笑点を観て寝る」飯干君らしいです(笑)

私もイベントの後は「録画しておいたドラマを観てワインを飲んで(無心になって)寝る」です!


私は、大学1年生の時の飯干君の「虔十公園林」を覚えています!

爽やかな朗読で魅力的でした!

でも、今日の朗読は3年の月日(成長)を感じました!

「虔十が一生に一度、人に逆らう言葉」これには、重みを感じました。

本人には、先程言いませんでしたが、感慨深いです。


でもでも、女子も本当に素晴らしかったです!

私は感激してしまいました(*^。^*)


これから、朗読界を背負って立つのはこの子達なんだなー、なんて嬉しく思いました!(^^)!

とにかく、「飯干君、優勝おめでとうございました\(^o^)/」



二胡と朗読「宮沢賢治を読もう!」イベントHP⇒こちら




久々に246(青山通り)をドライブ!爽やかな秋晴れです!





「朗読バナー」をポチっと押して、今後とも応援よろしくおねがいします♪
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村