ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 /朗読講師/ 元日本航空国際線客室乗務員 / (一社)日本朗読検定協会企画部部長・同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読イベントのプロデュースも手掛ける。小学校の講師、朗読コンテストの審査員、アイドルユニット「さくら学院」の公開授業「朗読の授業」の講師、ベネッセの講師など、幅広く活動しており、朗読や読み聞かせの普及に力を入れている。安徳天皇を祀る「赤間神宮」で「耳なし芳一」を朗読。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2015年12月15日火曜日

リーディング名作劇場「キミに贈る物語」~観て聴いて・心に感じるお話集~





先日、Bunkamuraシアターコクーンに、市原悦子さんや浅野温子さんが出演する「キミに贈る物語」を聴きに行きました!

お席は、なんと一番前(*^^)v

まず、自転車を引いて出てこられたWAHAHA本舗の佐藤正宏さんの紙芝居でお客様がひとつになったような気がしました!
「黄金バット」という名前は聞いたことはありますが、実際に紙芝居を観たことはありませんでした。
面白いお話なのですね!昔の子供たちが釘付けになったのもわかります。

浅野温子さんの「天の羽衣ものがたり」は動きながら朗読をするのですが、迫力があって魅力的!

加賀美幸子さんの漢詩も、とてもわかり易く詠んで下さって、興味が湧いてきました!

そして、市原悦子さんは、とにかく凄い!!
宮沢賢治の「猫の事務所」の朗読と、歌を沢山聴かせて頂きました。
動きにキレがあって、可愛くて、高い声も低い声も愛嬌たっぷり!
ミッキー吉野さんが、それを包み込むようにピアノを弾いて下さるのです。
市原さんは、エンターテイナー。
個性が輝いていました。
誰も真似できません。
お客様を惹きつけるのは、やはり「個性」だと、改めて思いました。

凡人はどうしたらいいんでしょうね~(*^。^*)


お読みいただきありがとうございます(*^_^*)
よろしければ下記の朗読タグを押し、[葉月のりこ朗読日記」の記事をポチっと応援お願い致します
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ




5月の朗読劇 もよろしく(^。^)