ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 /朗読講師/ 元日本航空国際線客室乗務員 / (一社)日本朗読検定協会企画部部長・同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読イベントのプロデュースも手掛ける。小学校の講師、朗読コンテストの審査員、アイドルユニット「さくら学院」の公開授業「朗読の授業」の講師、ベネッセの講師など、幅広く活動しており、朗読や読み聞かせの普及に力を入れている。安徳天皇を祀る「赤間神宮」で「耳なし芳一」を朗読。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2014年11月6日木曜日

そごう千葉 三省堂「大人の朗読会」で詩を読みました♪

今日は、早起きをして千葉へ行ってきました!

1時間半で着く予定が、朝の遅延などで2時間近くかかりました。

時間に余裕を持って出かけて本当に良かったです。

そごう千葉は、JR千葉と京成千葉の駅前にあり、とても便利!

開店前のデパートに入るのも初めてで、従業員通路は迷子になりそうでした(^^ゞ




さて、そごう千葉9階の三省堂の中には、「Books&カフェ」という本を持ちこめるカフェがあります。

書店の一角とは思えないほど落ち着く空間です。

整理券をお持ちの皆様に、今日は詩の朗読をしました。



「教科書でおぼえた名詩」文春文庫

「新編 宮沢賢治詩集」新潮文庫


まず宮沢賢治さんの生涯のお話をしてから、上記2冊より9編の詩を朗読。

私の大好きな詩ばかりです。

作者のこともお話しながら読み進めていきました。

詩人はなんだか遠い存在ですが、エピソードを聞くことで少しでも身近に感じていただけたら幸いです♪


雨ニモマケズ(宮沢賢治)
ゆずりは(河井酔茗)
あどけない話(高村光太郎)
汚れちまった悲しみに・・・(中原中也)
夢見たものは(立原道造)
わたしが一番きれいだったとき(茨木のり子)
ひとりぼっち(谷川俊太郎)
永訣の朝(宮沢賢治)
風がおもてで呼んでいる(宮沢賢治)





皆さん、とても喜んで下さり、終わった後も、お話に花が咲きました。

次回のリクエストも頂きました。

三省堂では、カフェで朗読会は初めての試みだそうです。

カフェというリラックスした場所で、朗読だけでなく、本や作家のことなど、情報交換ができたことも、とても良かったです(*^。^*)

次回は、1月を予定しております。

どうぞよろしくお願いいたします♪




「朗読バナー」をポチっと押して、今後とも応援よろしくおねがいします♪
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ