ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 /朗読講師/ 元日本航空国際線客室乗務員 / (一社)日本朗読検定協会企画部部長・同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読イベントのプロデュースも手掛ける。小学校の講師、朗読コンテストの審査員、アイドルユニット「さくら学院」の公開授業「朗読の授業」の講師、ベネッセの講師など、幅広く活動しており、朗読や読み聞かせの普及に力を注いでいる。安徳天皇を祀る「赤間神宮」で「耳なし芳一」、「夏目漱石記念年・グランドフィナーレ」などの式典にも出演。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2014年11月23日日曜日

「銀河鉄道の夜」 国際芸術連盟 第1回季の会公演レポート♪


11月22日、深川江戸資料館 小ホール 「銀河鉄道の夜」の公演が終わりました。

たくさんのお客様にご来場いただき、心よりお礼申し上げます。


今回、私は、国際芸術連盟会長の服部和彦先生[脚本・演出・音楽]や「朗読季の会」の皆様、信頼できるスタッフの皆様と一緒に一つの作品を作りあげる貴重な体験をさせて頂きました。

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」という作品はあまりにも有名で、登場人物についてイメージが固まっている方が多く、後半のジョバンニという役をどう演じたらよいのか悩みました。

成長過程の少年というのは、自分でも掴めないような部分を持っていたり、子供っぽいところがあったりと、大変難しいです。

でも、演出家の服部先生に「大人っぽくなったり、子供っぽくなったりでいいんだ。」と言っていただき、ゆれ動いていた気持ちが落ち着きました。

魅力的な出演者の皆様とご一緒でき、とても楽しく、そして勉強になりました。

自分のダメな部分にも気付くことができました。

「頭に描いていたジョバンニそのものでした!」というメールを頂き、少しだけほっとしております(^-^)

これからも頑張ります!!























この「朗読バナー」をポチっと押して、これからも応援よろしくおねがいします♪ 
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ