ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 /朗読講師/ 元日本航空国際線客室乗務員 / (一社)日本朗読検定協会企画部部長・同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読イベントのプロデュースも手掛ける。小学校の講師、朗読コンテストの審査員、アイドルユニット「さくら学院」の公開授業「朗読の授業」の講師、ベネッセの講師など、幅広く活動しており、朗読や読み聞かせの普及に力を入れている。安徳天皇を祀る「赤間神宮」で「耳なし芳一」を朗読。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2017年2月26日日曜日

木暮実千代さんにまつわるお話をリーディング、下関の梅光学院で!


木暮実千代さんにまつわるお話を、このステンドグラスの綺麗なホールで、下関リーディングの会の皆様と朗読させて頂きました!

「本番に強いねー」と演出の和田さんに言われ、皆で喜びました\(^o^)/
配役を決めずに[数行ずつ交替で読む朗読劇]というのは初めてで、最初は難しいと感じたのですが、慣れてくると、互いのスピードや柔らかさなどを受け継ぎながら読んでいくのが心地よくなってきました。
そしてこのリーディングがご縁で、北九州や下関の演劇・ダンスをやっている方々とお友達になりました(*^。^*)

今回はリーディングの他に、高校ミュージカル部の皆さんが出演する「隣人のゆくえ」という映画の上映、トークショーなどもありました。
映画は、全編ミュージカル仕立てで、高校生の歌声があまりにも透明で感激!
戦争のことを絡めた脚本にも引き込まれました。

ミュージカルをやっていた高校時代を思い出しました(*^。^*)


木暮実千代さんは品があってお綺麗ですね。
中身は人懐っこくて天真爛漫。
だから人に好かれたのです!


昭和のクルクルした髪型をし、
昭和のブラウスを着ました。
ちょっと面白かったです!



お読みいただきありがとうございます!
下記の朗読タグを押し「葉月のりこ朗読日記」の記事をポチッと応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
成城・用賀・浜田山

朗読レッスン・朗読検定・朗読イベントのご案内は