ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 / 元日本航空国際線客室乗務員 / ( 一社)日本朗読検定協会企画部部長/同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読家・朗読講師のほか、朗読イベントのプロデュースや読み聞かせボランティア、小学校の講師など幅広く活動している。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2016年9月5日月曜日

11月26日(土)「歌人・作家の東直子さんと 詠む×読む×語る」「日本近代文学館リーディングライブ2016」のご案内

11月26日(土)日本近代文学館のホールにて(2階)、
プラージュ主催のイベントを2つ開催いたします!
日本近代文学館は井の頭線「駒場東大前」から7分の駒場公園内にあり、
ちょうど紅葉が見頃です!
芸術の秋をご一緒に楽しみませんか!




11時~12時10分

「歌人・作家の東直子さんと 詠む×読む×語る」

観覧者を募集しています!(参加費2,000円) お申込みこちら

歌人・作家の東直子さんをお迎えし、その魅力を探る参加型イベント。参加者の朗読や歌詠みもあり(発表者は先着10名で締め切りました)。観覧の方を募集しております。
東直子(ひがし なおこ)プロフィール
広島県生まれ。歌人、作家。早稲田大学教授。 1996年、第7回歌壇賞受賞。2016年、第31回坪田譲治文学賞受賞。2006年『長崎くんの指(のちに『水銀灯が消えるまで』)に改題』で小説家としてデビュー。歌集に『春原さんのリコーダー』『青卵』『東直子集』『十階』、小説に『とりつくしま』『さようなら窓』『トマト・ケチャップ・ス』『いつか来た町』、『いとの森の家』、『晴れ女の耳』、エッセイ集に『耳うらの星』『千年ごはん』『鼓動のうた』『短歌の不思議』『七つ空、二つ水』、絵本に『あめ ぽぽぽ』『ぷうちゃんのちいさいマル』、共著に『回転ドアは、順番に』『マナーの正体』など著書多数。 「共感百景」(テレビ東京)出演。

プログラム
  東直子さんのご紹介をトーク形式で
  参加者の発表(発表者10名は締め切りました)
・朗読発表(5名)東さんの著書からお好きな箇所を2分以内で朗読し感想を述べます
・短歌発表(5名)お好きな歌や自作の歌を詠み、東さんに講評を伺います
  その他の参加者からの質問タイム


































13時~16時

「日本近代文学館リーディングライブ2016」 

観覧の方は入場無料・出入り自由ですのでお気軽にお越しください

今年は、グループ2組を含め、総勢32名の朗読をお聴きいただきます。
プログラムは10月末にブログにて発表します。
昨年の模様 第一部 第二部 第三部



































9月24日~11月26日
日本近代文学館の企画展「漱石ー絵はがきの小宇宙」開催中





駒場東大前西口下車
ガードをくぐり左の坂を上っていきます。
(右の坂を上ると東大の正門)
途中コンビニがあります(飲み物を買う場合は、ここで)
道なりに右へ行き、1つ目の角を右折。
50m程行くと住宅街の奥まった所に東門があります。
東門から入ると、すぐ右手が日本近代文学館です!





お読みいただきありがとうございます(*^_^*)
よろしければ下記の[赤とんぼ」タグを押し、
[葉月のりこ朗読日記」の記事をポチっと応援お願い致します
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ

成城・用賀・浜田山
プチプラージュ朗読教室HP→こちら