ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 /朗読講師/ 元日本航空国際線客室乗務員 / (一社)日本朗読検定協会企画部部長・同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読イベントのプロデュースも手掛ける。小学校の講師、朗読コンテストの審査員、アイドルユニット「さくら学院」の公開授業「朗読の授業」の講師、ベネッセの講師など、幅広く活動しており、朗読や読み聞かせの普及に力を注いでいる。安徳天皇を祀る「赤間神宮」で「耳なし芳一」、「夏目漱石記念年・グランドフィナーレ」などの式典にも出演。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2014年8月9日土曜日

「朗読コンテスト」出場者をご紹介♪

日本朗読検定協会主催「青空文庫朗読コンテスト」本選出場者が発表になりました!

今年は過去最高の応募があり、例年以上に激戦だったようです。

皆様、熱いです!!

プチプラージュからは、このような方々が本選に出場することになりました。

掲載の許可が取れた方のみ、ご紹介させて頂きます。


大島みのりさん(個人レッスン)
『高校演劇から舞台を始め、声優養成所・俳優養成所を経て小劇場を中心に主にフリーの役者として活動。その後、演劇企画集団「麦穂星☆スピカ」を立ち上げ主宰・役者としてオリジナル作品を上演してきましたが、数年前より活動を朗読に移し、都内のカフェなどで朗読公演を企画。『KOTODAMA公演』と題して、日常の疲れを洗い流してもらえるような優しい空間創りを心がけ活動中です』



武田あさひさん(朗読インストラクター)
『声優&舞台活動を経験し、同時に朗読も学んだ20代。その活動を全て止めて、OL生活・結婚・出産を経験した30代。初めての子育ての辛さに苦しむ私を救ってくれたのは、声を出すことでストレス解消が出来、なおかつ自分を表現できる充実感を味わえる…そう!朗読でした。聞く人の心に残るような朗読を目指して、今日も私の稽古場である我が家の脱衣所に籠もります。(一番ご近所迷惑にならないと思われる場所なのです…)朗読が、たくさんの方の笑顔に繋がりますように!』


曳地政久さん(朗読インストラクター)
『六十歳になってから朗読を始めましたが、高校生のときに放送部の活動に夢中になっていたことが今になって役立っているようです。昔は随分と情熱があったのだな、と思い返しつつ、年齢を経た分、深みのある朗読ができれば、と思っています』
・ユーハイム主催「ゲーテの詩朗読コンテスト」本選にも出場



そして、8月は他の朗読コンテストも行われます。
その本選に出場される方々もご紹介いたしましょうヽ(^。^)ノ


☆溝呂木さゆりさん(朗読インストラクター・声楽家)
・ユーハイム主催「ゲーテの詩朗読コンテスト」本選
・国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール 朗読部門本選 
『葉月先生にご指導頂き、朗読をきちんと学び始めて、まだ日が浅い私が、このような機会に恵まれて、びっくりすると同時にとても嬉しく思っています。詩人や作家の作った世界を、より具体的に立体的に感じていただける朗読、が目標です。そんな日が来るように、結果より過程を大切に、これからも精進したいと思います』


田中康彦さん(個人レッスン)
・ユーハイム主催「ゲーテの詩朗読コンテスト」本選
『葉月先生から「ゲーテの詩朗読コンテスト」応募にとご紹介いただいた作品「暗号通信」が、私とゲーテとの半世紀ぶりの出会いとなりました。ずっと遠い存在と思っていた世界の文豪ゲーテが60代に書いたこの作品は、61歳の私には、とても親しみを感じるものでした。この作品を読んでいると、ゲーテのトキメキが、私にも伝わってくるようです。これからも、ゲーテとの対話を、朗読を通じて楽しみたいと思っています』


皆様、おめでとうございます。
そして、ご健闘をお祈りしています♪

皆さんとお付き合いをしていて、共通するものがあるなー、と感じています!
これは、次回、お話しましょうね!

「朗読バナー」をポチっと押して、応援よろしくおねがいします♪
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村