ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 /朗読講師/ 元日本航空国際線客室乗務員 / (一社)日本朗読検定協会企画部部長・同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読イベントのプロデュースも手掛ける。小学校の講師、朗読コンテストの審査員、アイドルユニット「さくら学院」の公開授業「朗読の授業」の講師、ベネッセの講師など、幅広く活動しており、朗読や読み聞かせの普及に力を注いでいる。安徳天皇を祀る「赤間神宮」で「耳なし芳一」、「夏目漱石記念年・グランドフィナーレ」などの式典にも出演。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2013年5月28日火曜日

福岡「新美南吉を読もう!」の司会者 紹介

アクロス福岡の「新美南吉を読もう!」まで、あと2ヶ月足らず!

今回の試みは、一般の方にも司会をお手伝いして頂くということ。

そして、福岡の若い女性、このお二人に決まりました。

共通するのは、本当に朗読がお好きなこと!

皆様もどしどし、ご応募くださいね!

わからないことは、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

お待ちしております♪


 

「司会を務めさせていただきます、富永です

就職活動を理由に、当初は参加を見送ろうと決めていました。

しかし、時間が経つに連れて「数少ない人前で朗読する

チャンスを逃すなんてもったいない!」と思うようになり、

読み手だけでなく司会としても参加することになりました。

至らぬ点もあると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

当日は新美南吉作品を読むという一つの目的のために、老若

男女問わず様々な個性の持ち主が一堂に会することでしょう。

例え同じ作品が読まれるのだとしても、読み手によって異なる

味付けがされるのだろうと今からワクワクしております。 富永あさ重」



 

「はじめまして。

今回アクロス福岡「新美南吉を読もう!」で司会のお手伝い

をさせていただきます日高です。

前々から声というものに関心はありました。

が、今こうやって読むということが楽しいと思えるのは様々

なものや人に出会ったからです。

正直、司会のお手伝いはとても緊張しています(笑)

でも、自分の経験にしていろんなことを感じたいなあと思ってます。

セリフや物語を読む際は難しく考えないで、自分が思った・感じ

たように読めば自分だけの物語に変えていけると思ってます。

私はそうやって読んでます。言葉ひとつひとつの持つ個性を音に

変えて、それが少しでも聞いてくださる方に感じ取ってもらえるよう、

当日も奮闘します!  日高悠美」



さあ、老若男女集まって、新美南吉を読みましょう!

お二人の奮闘も是非ご覧ください!

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村「バラの絵」をポチっと押して応援していただくと励みになります♪