ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 / 元日本航空国際線客室乗務員 / ( 一社)日本朗読検定協会企画部部長/同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読家・朗読講師のほか、朗読イベントのプロデュースや読み聞かせボランティア、小学校の講師など幅広く活動している。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2013年5月13日月曜日

母の日に、姜尚中の「母~オモニ~」を読む!



ある人に勧められて、姜尚中の「母~オモニ~」を読んでいます。

私の祖母が熊本出身で、熊本弁だったということもあり、オモニの

熊本弁は妙に懐かしい匂いがします。

韓国では母のことを「オモニ」、父のことを「アボジ」と言います。

オモニは、16歳の時に、韓国から東京の巣鴨に嫁ぎます。

プサンまで汽車で3時間。それから関釜連絡船(今の関釜フェリー)に乗り、

下関に着いてから1週間かかって東京の巣鴨の嫁ぎ先に到着するのです。

気が遠くなるような時間です。

私は今東京に住んでいて、実家は下関ですが、5時間半で実家に着いてしまいます。

今や地球の裏側まで12時間余りで着く時代だというのに、オモニはどんなに心細か

ったことでしょう。

そして私は、まず読み始めの1ページで、心を掴まれました。

「母という言葉は、息子たちの心を尋常ならざるものにしてしまうのだ。」

「そして、母が単なる母にとどまらず、[オモニ]であるとすれば、

息子たちは狂おしいほどの母への想いに心を焦がすに違いない。」

一瞬にして、「全編読みたい。」という気持ちになりました。

夢中になって読んでいて、そういえば、「今日は母の日」だったんだと気がつきました。

オモニが亡くなってから尚中に届いた母の声のテープで、この物語は締めくくられています。

「このオモニの肉声を、朗読で読みたい。」と、心から思いました。

姜尚中(カン・サンジュン)特集も、なかなかいいですね!

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
「バラの絵」をポチっと押して応援していただけると嬉しいです♪