ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 /朗読講師/ 元日本航空国際線客室乗務員 / (一社)日本朗読検定協会企画部部長・同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読イベントのプロデュースも手掛ける。小学校の講師、朗読コンテストの審査員、アイドルユニット「さくら学院」の公開授業「朗読の授業」の講師、ベネッセの講師など、幅広く活動しており、朗読や読み聞かせの普及に力を注いでいる。安徳天皇を祀る「赤間神宮」で「耳なし芳一」、「夏目漱石記念年・グランドフィナーレ」などの式典にも出演。『CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50』監修。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2017年10月24日火曜日

平成29年度(第72回)文化庁芸術祭参加公演 10月29日「かなでる×かたる~想い~」第1部 朗読劇「こころ」第2部 篠笛と詩のコラボ

夏目漱石「こころ」は、とても魅力的な作品で、いつか朗読劇にしたいと、ずっと思っていました。
この長い小説のどこをカットするか・・・1年以上悩みました。
朗読劇に脚色して薄っぺらなものになったらどうしようという不安もありました。
もうとにかく夏目漱石の文章の素晴らしさに圧倒された1年でした。

公演まであと2日となりました。登場人物のそれぞれの「想い」を感じていただけたなら幸いです。出演者は主に俳優で、山本達也、前田裕己、ニシムラタツヤ、飯山廉、三野友華子、添田沙南、葉月のりこ。 出演者情報→こちら     フェイスブックイベントページ



篠笛奏者 佐藤和哉さんとは3度目の共演となります。紀尾井小ホールは「邦楽の演奏にふさわしい音空間」、の篠笛の魅力をたっぷりと味わっていただきたいと思います。

2部は佐藤さんのオリジナル曲やスターダストメモリー「木蘭の涙」と詩のコラボで、喜びや悲しみ、安らぎなどを表現したいと思います

今回は照明にも拘り、今までとはちょっと違ったステージをお楽しみ頂きます!
ご興味のある方は、ぜひお運びください。

チケットのご予約は各出演者、またはプチプラージュへ。03-3439-4583
当日券もございます。

お待ちしております(*^^)


平成29年度(第72回)文化庁芸術祭参加公演
 10月29日(日)13:30開演(13:00開場)
紀尾井小ホール

「かなでる×かたる~想い~」
愛するがゆえに言えないこと、愛しているからこそ言わなくてはいけないこともある


お読みいただきありがとうございます
ピンクの[朗読タグ]をポチっと押して
「葉月のりこ朗読日記」の記事を応援して頂けると大変嬉しいです💛
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
成城・用賀・浜田山
朗読レッスン・朗読検定・朗読イベント