ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 /朗読講師/ 元日本航空国際線客室乗務員 / (一社)日本朗読検定協会企画部部長・同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読イベントのプロデュースも手掛ける。小学校の講師、朗読コンテストの審査員、アイドルユニット「さくら学院」の公開授業「朗読の授業」の講師、ベネッセの講師など、幅広く活動しており、朗読や読み聞かせの普及に力を入れている。安徳天皇を祀る「赤間神宮」で「耳なし芳一」を朗読。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2014年9月6日土曜日

三渓園朗読会~芥川龍之介~ 9月13日(土)13時 











三渓園朗読会のお知らせです!

今回は、朗読する人に絶大な人気の芥川龍之介です!

楽しみですねー♪


「横浜市の日本庭園である三溪園での朗読会、二回目の開催です。

大正9年(1920年)に建築された原三溪住居「白雲邸」で、同時期に三溪園を訪れた文学者の作品と関連文書の朗読をお楽しみいただきます。

第2回の今回は、大正の文豪芥川龍之介の作品を朗読します。

芥川は三溪園を造った原三溪の長男、原善一郎と手紙のやり取りをし、三溪園にも訪れて「閻魔天像」に心底感動したそうです。

今回はその芥川龍之介が善一郎宛てに書いた手紙、そして三溪園及びその時代に関連した芥川の短編を、朗読でお楽しみいただきます。

今回は、前回に引き続き朗読の飯干大嵩、ギターのウォン美音志に加え、俳優で朗読インストラクターの前田裕己を迎えて渾身の朗読をします!」


■期間 平成26年9月13日 土曜日 午後1時より(2時間程度)

■会場 横浜市指定有形文化財「白雲邸」

■料金 おひとりにつき800円、入園料別途(大人500円、小学生200円)

■参加 以下のいずれかの方法で申し込んでください。
・電話予約制 045-621-0635もしくは 045-621-0634まで(先着40名様定員)

■主催 三溪園

■内容 

芥川龍之介
『鼻』『地獄変』

及び、原善一郎宛てに書いた手紙

■出演者

・朗読
飯干大嵩(朗読家、朗読検定準一級)
前田裕己(俳優、朗読家、朗読インストラクター)

・ギター
ウォン美音志 (ギタリスト・作曲家・編曲家)



「朗読バナー」をポチっと押して、今後とも応援よろしくおねがいします♪
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村