ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 /朗読講師/ 元日本航空国際線客室乗務員 / (一社)日本朗読検定協会企画部部長・同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読イベントのプロデュースも手掛ける。小学校の講師、朗読コンテストの審査員、アイドルユニット「さくら学院」の公開授業「朗読の授業」の講師、ベネッセの講師など、幅広く活動しており、朗読や読み聞かせの普及に力を注いでいる。安徳天皇を祀る「赤間神宮」で「耳なし芳一」、「夏目漱石記念年・グランドフィナーレ」などの式典にも出演。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2017年7月2日日曜日

国際演劇交流セミナー2017 デンマーク特集『古典喜劇を演出する!』


この1週間、日本演出者協会が主催する
国際演劇交流セミナー2017 デンマーク特集
『古典喜劇を演出する!』に参加してきました。

この素晴らしいお三方が、デンマークからお見えになり、
普段聴くことのできない貴重なお話をうかがったり、
参加者が実際に演技・演出をしてみる、
というワークショップでした。

ホルベア『丘のイエッぺ』を演出することを念頭においた
ワークショップなのですが、
一般的な台本の読み解き方は、
特に勉強になりました。

演出するためには人間の心の深いところまで
探っていく必要があります。
それを皆で探ることができたのも、
収穫でした。
「喜劇は悲劇的に 悲劇は喜劇的に演出する」
という言葉は特に印象的!

そして、舞台美術家の方からは、
どのように色を使うと効果的なのかという
具体例を伺うことができました。
今後のステージに、
早速、活用できそうです(*^-^*)

とても刺激的で、
全てが身になった1週間でした(*^-^*)
素晴らしいお三方に感謝申し上げます。


お土産にいただいたデンマークのバッジです!

コペンハーゲンは、何十年も前に行きましたが、
落ち着きのある素敵な街でした。

アンデルセンの人魚姫の像、
チボリ公園、
船上での食事、
ああ、懐かしい~

ロイヤルコペンハーゲンの本店や
北欧のセーター屋さんにも行きました!

なんとなんと
デンマークは
演劇が一番盛んな国だそうですよ💖



いつもお読みいただきありがとうございます
ピンクの[朗読タグ]をポチっと押して
「葉月のりこ朗読日記」の記事を応援して頂けると大変嬉しいです💛
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ

「かなでる×かたる~想い~」


成城・用賀・浜田山
朗読レッスン・朗読検定・朗読イベント