ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 /朗読講師/ 元日本航空国際線客室乗務員 / (一社)日本朗読検定協会企画部部長・同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読イベントのプロデュースも手掛ける。小学校の講師、朗読コンテストの審査員、アイドルユニット「さくら学院」の公開授業「朗読の授業」の講師、ベネッセの講師など、幅広く活動しており、朗読や読み聞かせの普及に力を注いでいる。安徳天皇を祀る「赤間神宮」で「耳なし芳一」、「夏目漱石記念年・グランドフィナーレ」などの式典にも出演。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2016年11月7日月曜日

朗読の演出&ハッピーバースデー

朗読をたくさん聴きに行くようにしている。

もちろん芝居も好きなので、観たいものは極力行くようにしている!

朗読公演は、どんなに有名な俳優が朗読していても寝てしまうことがあるが、

芝居は寝たことがない。

芝居は動きがあるので、わかりやすいし、考えなくても目から入ってくる。


では、朗読の魅力ってなんだろう?

朗読はナレーション部分があるので説明的だ。

そこがつまらない理由かもしれないが、小説の良さを、ほぼそのまま伝えることができる。

視覚障害の方にも楽しんでいただける。


私は演出に興味があり、最近は朗読を聴きにいくというより演出を観に行くことが多い。

どんな風にすれば、お客様に楽しんでいただけるか・・・

同じ演出家で、朗読者が異なる公演も観にいった。

小道具はどちらも1つしかなかったが、その生かし方がまるで違う。


正解がないことを考えるのは本当に難しい・・・

つらつら考えていると、今夜も夜が更けていく。


  ♡ ♡ ♡


今日は娘の誕生日🎂

家族が集まり、すでにお祝いを済ませた娘の誕生日なのですが・・・

またまた祝っちゃおうと、昨夜は近場のイタリアンへ(^^♪


あげナスにフォアグラが挟まっています!


イカスミのパン!



宮崎の食材がふんだんに使われていました!



レンコンやゴボウ味のムースも初めて!


このほかに前菜と焼き菓子も!

ちょっと食べすぎましたね~(*^▽^*)




今日もお読みいただきありがとうございます(*^_^*)
よろしければ下記の朗読タグを押し、
[葉月のりこ朗読日記」の記事をポチっと応援お願い致します





成城・用賀・浜田山
プチプラージュ朗読教室HP→こちら