ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 / 元日本航空国際線客室乗務員 / ( 一社)日本朗読検定協会企画部部長/同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読家・朗読講師のほか、朗読イベントのプロデュースや読み聞かせボランティア、小学校の講師など幅広く活動している。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2016年2月15日月曜日

フランクフルトの方と朗読レッスンを始めました!

昨年末、フランクフルトの方からご連絡を頂き、帰国した際にレッスンを受けたいとのお申し込みがありました。

インターネットの普及で遠い国に住んでいる方とも簡単に繋がることができる時代なんだと、改めて実感しました。

私が飛行機で仕事をしていた時は、ヨーロッパは北回りアンカレッジ経由で,、本当に遠いところでした。

もちろん携帯電話もない時代です。

すぐに繋がれないから思いが募るっていうのもありますが・・・(なんだか関係ない話ですね)

あ~、フランクフルト、懐かしい~・・・


ということで、一度の対面レッスンの後、フランクフルトの方と録音によるレッスンが始まりました。

課題は朗読検定準2級Aの芥川龍之介作「女仙」です!

芥川龍之介さんは病み付きになってしまうくらい魅力的な文章で、いつも感心しながら読んでいます。

しかも、「女仙」は短編ながら、ドラマティックで声に出すと面白さ倍増です。

私も仙人になったつもりで、いろいろなことをこなしていきたいな~と思います(^_^)/


さあ、これからフランクフルトから送って頂いた録音を聴かせていただきます!!





お読みいただきありがとうございます(*^_^*)
よろしければ下記の朗読タグを押し、
[葉月のりこ朗読日記」の記事をポチっと応援お願い致します